そもそも酵素ってどんな成分?

酵素とはタンパク質の一種

酵素ドリンクの効果や魅力を知る上で、酵素とは一体どんなものなのかを理解することは必須でしょう。酵素とはタンパク質の一種で、動物も植物も微生物も持っています。タンパク質にも様々な種類のものがありますが、酵素はその中でも物質を変換する力を持っているのが特徴です。ある物質を選択的に変換し、別の物質にする活性を持っているのが酵素です。例えば、ご飯を噛んでいると甘くなってくるでしょう。これは唾液の中に含まれているアミラーゼという酵素によって、ご飯に含まれているデンプンが糖に分解されたからです。このように消化に関わる酵素の他にも新陳代謝に関わるものもあり、体の機能を作り上げる上で重要な役割を果たしています。

酵素を補うとどうなるのか

酵素は身体の中で絶えず合成されているものです。それによって心身の機能が発揮されていると言っても良いでしょう。そう考えると酵素ドリンクを飲んで補わなくてもいいのではないかと考えるかもしれません。しかし、酵素を補うことにはメリットがあります。必ずしも人はあらゆる酵素を必要な分だけ合成できているわけではありません。栄養やエネルギーの不足、自律神経系の失調などによって酵素のバランスが崩れてしまうことがあります。そのようなときに酵素ドリンクで酵素を補うとバランスが整ってきて体調が良くなると期待できます。新陳代謝も良くなって、若々しさを保てるようにもなると考えられるため、酵素ドリンクを飲むことに意味があると考えられるのです。